水曜日, 3月 20, 2019

和の心なのか?

2歳の頃から、50年以上、自宅のお手洗いが水洗で洋式の便座だったので、和式のお手洗いというものは、昔に建てられた公共の場所だったり、山の中の不便な場所、下水道の施設がない場所のお手洗いという認識だ。

昭和の末期の昭和57年、1982年に「お尻だって洗って欲しい」で、TOTOのウォシュレットが出来て、すぐにウォシュレットを導入したと思う。

乾燥機能は不要だと思うけれど。

勝手に閉まろうとする便座の蓋に背中をしばかれ続けたことがあるので、蓋が自動で開閉する機能は故障しがちであるし、蓋の上に物を置きたいという局面もあり、ない方がいいと思うけど。

世の中には色々な選好の人がいるものだけれど。

平成の時代になって建てた家に、あえて和式のお手洗を作った人の気持ちはわからないなあ。変人としか言いようがないなあと思った。へたれで弱っちいのに。

だって、高齢になったり、体調の悪い時なんか、和式のお手洗って、身体にきつくないかなあ?股関節の鍛錬にはいいのかもしれないけれど。

最近、まさかの和式のお手洗に関して、更なるショックなことがあった。

その場所は、10年ほど前に、大手ゼネコンさん施工で建てられた、自然環境や採光や長い伝統ある建物との雰囲気の継続などに配慮した建築なのだが、最近、お手洗いの改修工事をしていた。恐らく全て終わっているだろう。

その改修が、和式のお手洗の洋式化であると聞いて、ひっくり返りそうになった。

だって、10年前に建てた時点で、洋式になっているのが、世の中のスタンダードだと思うから。

で、和式化した理由が、誰が座ったのかわからない洋式便座に座れない!との意見が多数だったらしい。(ほんまかいな?信じられん。そんなことで海外で、観光や仕事や生活ができるか?)

であるならば、洋式メインで、和式も1つは配置するか、潔癖症の方が除菌シートを持ち歩くか、すればいいんじゃないの?(なんで、そのように説得できなかったのだろうか?)

お手洗は洋式化しないと、当然、選ばれませんし、そのための追加工事費用や和式のお手洗に耐えた人々の苦労、そのために他所に行っちゃった人々による損失を考えると、わけわかんない、時代錯誤な潔癖症って、罪深いわぁ、迷惑至極と思った次第だ。

ゼネコンさんも、なんでちゃんとしたアドバイスができなかったんだろうか?大手は丸投げなのかも。(大奥の皆様は、どんだけの迫力で和式を要求したのだろうか?)

どんな議論がなされたのか?私がその方針決定の場に居合わせたのなら、今後、改修するんだったら、工期がどのぐらい、いくらいくらかかりまっせ!うん年後、そんなことでやっていけるんですか?今から洋式にしとかなあきませんよ、と説得するけどなあ。

他人が座った便座が気になるんやったら、てめーが、除菌シート持って来いやー!と言ってやったのになあ。

偏差値下がったってか?そんなもん、どうでもイイデスハンソン。

もとからの地頭の悪さと(他人の迷惑を考えることができない)利己的な狂信的な視野狭窄が問題かと。

そんな人たちがいなくなっていることを節に期待したい。いなくなっているだろう。

土曜日, 3月 16, 2019

我が…

日本語表現は、my と our の区別がない、というか、ourに該当する定着した表現がない。

my 私の、our 私達の、と翻訳することはできるけれど、私達(わたしたち)の、などという6音節にも及ぶ一人称複数形を発話をすることは、まずない。

我が(わが)は二音節だから、言いやすいせいなのか、よく耳にする。我が国とか。

わがまま (我がまま) 
我が強い 
我を張る 
唯我独尊
我田引水

我(が、わ)は、和をもって尊しとする、の反対の、独断的、排他的、利己的な、悪い意味に使われることが多い。

我が国(わがくに)

国会答弁等々において、さかんに聞かされるわけではあるけれど、我が国と言われると、my countryと言っているかのようであり、首相やその取り巻きや、官僚に、好き勝手されているように聞こえるし、そう思っている。

我が国なんて、思い上がった統治者面をしないで、「日本」って言えばいいじゃないか?

我が、には、みんなの、ourという意味は希薄であるし、日本が、特定のmy countryでいいわけはないので。

水曜日, 3月 13, 2019

Critical carpenter's shoes.

俳優のピエール瀧がコカイン使用で逮捕された、らしい。

NHKの大河ドラマ「いだてん」の足袋屋さんではないか?

日曜日の放送では、ストックホルムで、金栗四三とアメリカ人の選手が、身振り手振りと片言英語でコミュニケーションをして、足袋の中の足はひずめのように割れているのか?に始まり、これは足袋だ、カーペンターズシューズだ!Oh!僕はカーペンターなんだ!じゃあ、予備の足袋を君に差し上げるよ!で、唯一の明るい国際交流ができたエピソードだったのに。

で、加納治五郎が開会式の直前にストックホルムに到着して、追加の足袋をハンドキャリーしてきたところだったのに。

ただでさえ、低視聴率で打ち切り云々まで、噂されているとかいないとか、今後の放送はどうなるのだろうか?

というか、イチイチ出演者の不適切な行動、不祥事(wrong doing)で、番組が打ち切りになったり、撮りなおしになったり、お蔵入りになったり、DVDとかCDが販売できなくなったりするのは、どうなんだろうなあ?連帯責任が、不合理に、不経済に、重すぎやしないかしらん?

それに関わった善人の生活をも脅かしてしまう。

ああ、「アナと雪の女王」のオラフの日本語音声はピエール瀧がやっていたんじゃなかったっけ?アナ雪のTSUTAYAのレンタルDVDはどうなるんだろう?

火曜日, 3月 12, 2019

No estamos solas.

映画 ROMAを観た。

たまたま車を外に出さなきゃいけないことになり、出した車をいきなりコインパーキングに入れちゃうと24時間(800円)を超えて高くつくし、数時間、問題なく車を駐車できる場所、イオンに行った。

で、イオンシネマをチェックしてみると、1時間後にROMAが上映される。凄く観たかったから、ラッキーだ。

映画の前に、ショップゾーンをうろうろして、GUの中条あやみちゃんのポスターが履いていた足首の内側にスリットがあるレギンスパンツがいい感じだったので、黒、ベージュ、紺色の三色を買う。

MにするかLにするか悩む。Sもあるけれど、XLがあるから、Lは巨大ではないのだろう。楽な方がいいから、全てLにしようかな。MとLの長さを比較してみると、心持ちLの方が長いような気がするけれど、中条あやみちゃんは、私よりは、格段に脚が長いはずなのだけれど、私が履いたら、すそが足首を通過し、スリットが開いて地面についちゃうってことはないのかな?と心配になったが、エイヤーとLを購入。

で、お会計をしようとして、そのシステムにビックリ。だって、今回がGUデビューだから。

ロッカーのような箱に買いたい商品を入れたら、お会計マシーンが商品のタグを読み取って、お会計合計を表示してくれるので、スマホアプリとか現金で機械にお支払い、というシステムだった。

ロッカーの中の商品を自動で袋に入れてくれるんかいな?と期待したのだけれど、それはなくて、もう一度ロッカーの中から商品を出して、自らバッグに入れて持ち帰る。プラスチックバッグは無料で、しっかりしたひも付きの紙バッグは有料のようだった。

お会計用のマンパワーとコスト削減が目的なんでしょうね。

で、レギパンを家で履いてみたら、横幅が縦方向の長さを吸収してくれたのか、私が履いてもジャストサイズだった。私より20センチ近く高身長の、中条あやみちゃんは、どのサイズのレギパンを履いているのだろうか?特別仕様の細身&長さマシマシってことはないのだろうか?(素朴な疑問だ)

===

で、ROMAを観た。

ざくっと言うと、男は最低です、という映画なのかもしれない。

映像美と環境音の響きが素晴らしい。

オープニングの土間の乾いた表面、水の音、流れるバケツの水とテキストが変わる瞬間とのシンクロが素晴らしい。

室内の階段を中心とした部屋の配置、屋外の壁づたいのアイアンの階段、家政婦さんのお部屋とキッチンの配置、ガラスがはまっているアイアンの門(玄関)が美しい。

淡々としていたり、イライラしていたり、台詞以外の表現、暗示も素晴らしい。それはそういうことだったんだね、と、後々わかるんだ。

荒っぽ美しい。汚物でさえも、掃き溜めのような場所でも、美的に感じる。

車庫入れ、車の出し入れ、運転は、技術というよりも、メンタルに左右される。私はモロそうだ。

家の中にパティオがあって、空が見えるのが素敵だ。

面白かったので、DVDを購入して、細かく台詞を勉強したいな。

木曜日, 3月 07, 2019

いだてん

ネットニュースで大河ドラマの「いだてん」が低調すぎてヤバイというような記事を見るのだけれど、個人的には「いだてん」が好きなので、歴代の大河ドラマに比べて、視聴率が低い真の理由が、イマイチ、わからないなあ。

どうだったら世間にウケルんだろう?何がウケテナイんだろう?

若者のオリンピック離れ?オリンピックの何が嫌いなんだろう?オリンピックが嫌いだから、いだてんの視聴率が低いのかしら?

2020年の東京オリンピックは、気のりが全くしないし、311の後で、何がオモテナシだよ?何が被災地支援につながるんだよ?と、無事に終わるといいなぐらいで、美しいイメージが全くないので、サザンの東京Victoryが流れるとテレビのチャンネルを変えるぐらいなのだけれど。♪がんばってぇぇええ♪の機械音エフェクトが耳について苦手でもあるし。

だから、「いだてん」が好きなのは、東京2020時代のオリンピックを応援したいからというわけじゃない。

オープニング映像の実写合成の感じとか、セットとか、明治-大正-昭和の風俗とか、浅草から富士山が見えた東京とか、落語がナレーションになっている構成とか、が面白いと思うし、綾瀬はるかも大竹しのぶも中村獅童も杉咲花も、走りまくっている勘九郎もいい味出していると思うのになあ。

個人的に、日本の近代というか、戦前と戦後の東京オリンピックまであたりの日本の風景とか風俗とか人々の頑張りに興味があるから、面白いと思うだけなのかも。

それと、私は、オリンピックと言えば、アマチュアイズム、という古い時代の人間だからかしらん?
建前であるとしても、参加することに意義がある、の時代が、やはり好きだ。

オリンピック選手が、現在のステイト&ビジネス&タレントアスリートになるのは、時代の必然なのかもしれないけれど、じゃあ、税金使わないで、プロ化して、100%民間でやってくださいという気分。

で、朝ドラ「まんぷく」は好調なのだろうか?

ほぼほぼ見ているけど、チキンラーメンそのものが、リアルタイムで好きじゃなかったし、味付けが濃いし、今もあんまり好きじゃないし、食べると胸焼けしちゃうし、チキンラーメンが身体に良くて優良品であるかのごとくの宣伝っぽくて、あざといぞ、日清、という気がしなくもないなあ。

即席めんの発明は、不屈でイノベーティブな話かもしれないけれど、インスタントラーメンでまんぷくにならんでもよかったんじゃない?と思うわけなのですけどね。

インスタントラーメン以外でまんぷくになった子供の方が、より愛されて育ったと思うわけで。